費用が安いだけでない時代

デジタルチケット

快適な旅も可能に

高速バスと言われると、高速道路を利用して都市間を結ぶバスと言うイメージですが、二つのタイプが存在しています。途中にあるバス停に止まりながら走るバスと、途中一度も止まらずに目的地まで走るバスがあります。途中にバス停のある高速バスは路線バスの延長線上にあるもので、毎日決まった時間に走行することが基本となっています。もう一つのタイプの高速バスはバス事業者が運営するものではなく観光会社系が運行するものが多く、ユーザーが多くなる季節運航を得意としていたものです。そのため一般的言われる高速バスとは、乗り合いが基本と考えると良いと思われます。乗り合い系のバスでは定期的に運行するバスと言うこともあり、季節によって料金の変更などがないのが特徴ですが、観光会社が運行するバスは季節運航が得意とすることで、料金が高くなることも考えられます。高速バスを利用する時料金も気になるのですが、キャンセル料金が意外と高いと知っておく必要があります。キャンセル料金が運賃の半額と言う場合もあることから、簡単にキャンセルが難しくなって来ています。以前では100円程度のキャンセル料金で済んだことから、別な便も席を取っておくかけもちも多くみられましたが、そのような被害が多くなったこともキャンセル料金が高くなったと考えられます。しかし移動手段としての費用を考えると非常に安く済むことから、これからも高速バスを利用する人は更に増えると想像されます。

Copyright© 2019 安くて遠くまで行けるとても便利な公共交通機関 All Rights Reserved.